睡眠日誌

息子の過眠症を疑い始めたのは高1の1学期が終わる頃。

担任の先生から電話をもらった。

 

あ、

 

電話をもらったのは息子が校則違反をして携帯を没収されたという連絡で←恥ずかしい

 

ついでに…

 

という感じで先生から授業中に居眠りが多いことを知らされた。

 

 

どうにか改善しないものかと色々と調べているうちに、

ナルコレプシーという病気があることを知った。

たしかに私が高校生の頃にも常に授業中寝ている子がいた。

怒られるのに毎回寝ている彼が理解できなかったけど。

 

 

その後、テスト中ほとんど寝ているとの指摘を受け、

息子ももしかしたら病気なのかも。

と、思い始めた。

 

 

試験勉強も始めた途端に気絶したように寝てしまう息子。

 

入学した時、クラスのレベルは高かったけど、

最初はトップにいた息子の成績がみるみる落ちていった。

 

 

2年生になり、クラスが下がったけど、そこでも最下位。

 

私も夫もその状況でも危機感を感じていない息子にお手上げ状態。

 

 

何度か息子に受診してみるように言ったけど

本人はとっても嫌そうで、私も無理強いはできないし…

と、ズルズル…

 

で、現在。

 

 

 

1学期の成績が最悪で、先生からも受診を勧められた。

 

息子もやっと病院に行くことを了承してくれた。

 

 

 

自宅から車で少し走ったところに

睡眠外来を持つ良さそうな病院を見つけ

予約。

 

 

精神科の病院は初めて。

でも、知り合いがメンタルクリニックをやっているので、それほどハードルは高くない。

 

 

ただ、夫は、息子が精神科を受診することになったことにかなり抵抗があるみたいだった。

今も懐疑的。

 

 

相談員の方から、受診までに睡眠日誌をつけるように言われた。

息子には無理だろうから私が毎日せっせとやっている。

 

 

f:id:narukokun:20220727081007j:image

 

フリーハンド(笑)

 

 

 

受診まであと1週間。

 

 

 

受診後のことを想像すると不安もあるけど

何もわからずに放置したら将来後悔することになるかもしれないから。

 

 

 

病気じゃなければ、これまで通り対策を模索する。

病気なら、先生や周りの友達に理解してもらえるようアプローチもできる。

居眠りを叱られたりしなくてすむようになればありがたい。

 

 

どちらにしても

今は真っ暗闇で迷子になってる気分だから

一筋の光にはなってくれるかな?

 

 

 

 

そうなってほしい。